「朝倉一玄」の死に際とは?晩年や最期(死因)など分かりやすく解釈

「朝倉一玄」の死に際とは?日本の人物

様々な創作物やゲームなどに名前が登場する「朝倉一玄」ですが、実はその素性や活動内容、生涯については謎に包まれている人物です。

何故なら、「朝倉一玄」に関する文献などはほとんど発見されていないためです。

この記事では判明している範囲で「朝倉一玄」の死に際とは?晩年や最期(死因)など分かりやすく解釈していきます。

「朝倉一玄」とは?簡単に説明

「朝倉一玄」は、豊後・駄原城を守っていた戦国武将で、大友氏に仕えていたとされる志賀親次の家臣でした。

1586年に島津氏に攻められた志賀氏でしたが、前の当主であった志賀親度はあっさりと降伏してしまいます。

しかし、親度の息子で現当主だった志賀銀次は島津氏に対して徹底的に戦い続ける事を選択します。

志賀銀次がいた岡城の守りは非常に硬く、苦戦を強いられた島津氏でしたが、他の城を攻める事で岡城を孤立させるような戦法へと転換する事になりました。

その際に狙われたのが、「朝倉一玄」が守っていた駄原城だったのです。

しかし駄原城は城とは言ったものの、見張り城程度の設備しか持ち合わせていない、非常に小さな城で大軍に攻められてしまえばすぐに落ちてしまう程の規模でした。

しかし「朝倉一玄」は秘密の計略「留守の火縄」を使い、島津側の大将であった人物を打ち取るなどの成果を上げたとされていますが、この件以外の「朝倉一玄」に関する文献や記述については全く存在しません。

そのため「朝倉一玄」がいつ生まれたのか、いつ死んだのか、その生涯はどのようなものだったのかについては現時点では一切不明です。

「朝倉一玄」の死に様

「朝倉一玄」は前述した駄原城で行った秘策「留守の火縄」を行って活躍した、という記録しか残っていないため、何歳でいつ没したのか、その原因はなんだったかについては一切不明のままであり、現在でも分かっていません。

「朝倉一玄」が行った秘策「留守の火縄」とはなんだったのか

「朝倉一玄」が行った秘密の計略「留守の火縄」の具体的な内容については現在でも不明のままですが、いくつかの説が唱えられています。

一つは「留守の火縄」は何か装置のようなものを指しており、突然出火して城ごと燃やしてしまうような装置を指していたのではないかという説が存在します。

他にも、「留守」という名前から、わざと城を放棄し、敵が攻め入った所で城を燃やし、敵兵が混乱している所に突入したという奇襲作戦ではあったのではないかという説も存在します。

いずれにしても、これらの説はあくまで推測であり、実際には史料としては説明されていないため、どのような策だったのかは不明のままです。

まとめ

「朝倉一玄」は島津氏の攻めを秘策「留守の火縄」で撃退したという話だけが残っている戦国武将でした。

残念ながら、その死に様や死因などは不明となっています。

タイトルとURLをコピーしました