「ジョン・F・ケネディ」の死に際とは?晩年や最期(死因)など分かりやすく解釈

「ジョン・F・ケネディ」の死に際とは?世界の人物

ジョン・F・ケネディはアメリカ合衆国の大統領で、パレード中に銃撃されて亡くなるという悲劇的な死を遂げました。

その晩年と最期について紹介します。

ジョン・F・ケネディとは?

ジョン・F・ケネディは、アメリカ合衆国の第35代大統領です。

大統領選挙では民主党候補として指名を受け、共和党のリチャード・ニクソンを破って大統領に就任します。

この時、ジョン・F・ケネディは43歳という若さでした。

ジョン・F・ケネディの最大の功績は、キューバ危機を回避したことと言われています。

宇宙開発にも積極的に取り組み、アポロ計画を推進しました。

ジョン・F・ケネディの晩年

ジョン・F・ケネディは大統領に就任すると、国内政策としてニューフロンティア政策を掲げます。

教育や医療など社会福祉の充実を目指す政策でした。

人種差別法案の撤廃も含まれています。

そして外交政策では、キューバ危機を回避します。

当時、アメリカと冷戦中だったソ連は、キューバにミサイル基地を建設しようとします。

キューバはソ連と親密な関係を築いていました。

アメリカはソ連にミサイルの撤去を求め、キューバの海上を封鎖します。

アメリカがキューバを攻撃してソ連と対決する寸前まで行きましたが、ソ連の首相フルシチョフとの会談で交渉が行われました。

アメリカがキューバに侵攻しないのならソ連もミサイルを撤去するという条件にお互いに合意し、キューバ危機は回避されたのです。

世界を巻き込んだ核戦争の恐れもあっただけに、キューバ危機の回避はジョン・F・ケネディ大統領最大の功績と言われています。

ジョン・F・ケネディの最期

ジョン・F・ケネディの最期は、おそらく多くの人が知っている非常にセンセーショナルなものです。

テキサス州のダラスを遊説中に、公衆の面前で狙撃されました。

銃弾はジョン・F・ケネディに命中し、それが致命傷となります。

この銃撃によって命を落としました。

43歳で大統領に就任してから2年10か月しか経っていませんでした。

ジョン・F・ケネディの死について

ジョン・F・ケネディの死に関しては、多くの謎が残されています。

まず、銃撃した犯人はリー・ハーヴェイ・オズワルドという人物とされています。

オズワルドは警官によって逮捕されました。

しかし、オズワルドもまたマフィアと関係が深かったジャック・ルビーという人物に射殺されてしまいます。

オズワルドが移送される際の事件で、その映像はテレビ中継されていたので多くのアメリカ人がその様子を見たとされます。

オズワルドが死んだことで、なぜケネディ大統領を暗殺しようとしたのか永遠に分からなくなってしまいました。

オズワルドが犯人ではないという説や誰かに依頼されて狙撃したという説もあり、ジョン・F・ケネディの死はいまだに謎に包まれています。

まとめ

ジョン・F・ケネディは、大統領として遊説中に狙撃されて亡くなります。

とてもセンセーショナルな死で、そのニュースは世界中に衝撃を与えました。

タイトルとURLをコピーしました