「ウォルト・ディズニー」の死に際とは?晩年や最期(死因)など分かりやすく解釈

「ウォルト・ディズニー」の死に際とは?世界の人物

ウォルト・ディズニーはウォルト・ディズニー・カンパニーの創業者で、アメリカのアニメを象徴するキャラクターのミッキーマウスを生み出した人物です。

ウォルト・ディズニーの晩年と最期を紹介します。

ウォルト・ディズニーとは?

ウォルト・ディズニーはシカゴに生まれ、大人になるとアニメーション映画の制作を手掛けるようになります。

ミッキーマウスが登場する「蒸気船ウィリー号」を製作し、人気を博しました。

「白雪姫」「ダンボ」「シンデレラ」といった長編アニメを次々と生み出していきます。

兄と共にアニメーション映画を製作する会社を設立します。

それが後のウォルト・ディズニー・カンパニーとなりました。

また、ディズニーランドの創設者でもあります。

ウォルト・ディズニーの晩年

ウォルト・ディズニーは晩年、アニメーション映画の制作よりもテーマパークの建設に力を注いでいました。

最初のディズニーランドは、カリフォルニアのオークランドに建設されます。

この時、莫大な資金が必要になりますが、資金集めのためにテレビを使ってPRを行います。

当時、テレビは新たなメディアとして登場したばかりでした。

その結果、多くの大企業から資金を集めることに成功しています。

そして現場にも何度も足を運び、細かい部分まで指示を行いました。

そして、1955年に世界発のディズニーランドがオープンします。

大人も子どもも誰もが楽しめる場所を目指しており、そのディズニーランドの理念は現在も受け継がれています。

テーマパークとしてディズニーランドは大成功を収めました。

また、プライベートでは倹約家だったので、普段は質素な生活を送っていたともいわれています。

ウォルト・ディズニーの最期

ウォルト・ディズニーは、晩年も多忙な日々を送っていました。

ディズニーランドの成功を受けて、第二のディズニーランドを建設する計画が持ち上がります。

ホテルなどの宿泊施設も取り入れたディズニー・ワールドの建設を始めますが、残念ながらその完成を見ることはありませんでした。

肺がんを患っており、肺がんからくる肺炎で亡くなったのです。

享年65でした。

ウォルト・ディズニーの死因

ウォルト・ディズニーの死因は肺炎ですが、それは肺がんによるものです。

ウォルト・ディズニーは愛煙家として知られ、かなりのヘビースモーカーだったことが分かっています。

周囲から禁煙を勧められても受け入れようとはしませんでした。

本人曰く、ヘビースモーカーでも長生きをした人はいるとのことです。

しかし、喫煙習慣は肺がんのリスクを格段に高めることが分かっているので、それが肺がんにつながったことは間違いないでしょう。

まとめ

ウォルト・ディズニーは、アメリカのアニメ界に多大な功績を残した人物です。

晩年はテーマパークの建設に熱中し、ディズニーランドを作り上げました。

そして、肺がんを患い肺炎によって亡くなっています。

享年65です。

タイトルとURLをコピーしました